S&R ワシントン賞

先週の土曜日、ワシントンD.C.にて、S&Rワシントン賞の授賞式が
行われ、2012年度受賞者のひとりとして参列してきました。

今回の受賞者は、ビオラ奏者、ピアニスト、ダンサー、そして僕
(作曲家)という顔ぶれだったのですが、すべての受賞者が20分
間の演奏を披露し、僕はチェロと歌とのトリオ(ちなみに僕はピアノ
です)で3曲演奏してきました。

3曲中2曲は今回のための書き下ろしで、仕上がったのも本番3週
間前と、練習も時間との闘いでしたが、結果的にはなかなか好評で、
なによりほっとしました。ちなみに、そのうちの一曲は、今回の
ボストンマラソンの事件に立ち向かうボストニアンたちの不屈な精
神にインスパイアされて作った曲(「Dancing in Beantown」)でし
た。

またコラムでも書く予定ですが、受賞者のみなさんや過去の受賞者
のみなさん、そして財団の設立者の方々をはじめ、素晴らしい人々
との出会いを通して、大きな刺激を受けてきました。いやー、大事
ですね、こういう刺激って。

今回の受賞を通して、またひとつ上のステージに行けるよう、今後
は一歩上の努力をしていこうと、強く思っています。日本のみなさ
んにも、近々新しい音を届けられるといいなあ。

(2013.05.25)

Comments are Disabled